小児科

売れ筋ランキング

小児科について

 

子供を持っている人なら小児科に子供を診せたことはあるでしょう。
もちろん、小児科は子供を専門に診る病院です。
大病院の場合は他の診療科に交じって、小児科が設けられていることもあります。
小さいところなら小児科専門の病院もあるのです。
少子化は全国的な傾向ですから、小児科の経営はそれほど楽ではありません。
小児科は他の診療科と何が違うのでしょうか。
一番大きなところは子供の病気に関する様々なことを診なければならないと言うことです。
お母さんたちは子供の具合が悪くなると、まずは小児科に診せに来ます。
子供の体は大人とは違っていますから、専門の医療分野となるのです。
小児科の中でも乳幼児を扱うお医者さんはまた別です。
年齢によって子供の状態は大きく変化します。
成長期特有の症状と言ったものもあるのです。
それに対して大人になると、体の状況は数十年の間変化しません。
変化するのは老化が始まる頃です。
乳幼児や小さい子供の場合は自分の症状を客観的に説明することができません。
つまり、子供がいたいと言っていても、具体的に何が悪いのか容易にはわからないのです。
子供は夜中に急に熱が出たりします。
実際には心配するほどのことではないのですが、若いお母さんなどはびっくりして病院に駆け込むケースもよくあるようです。
お母さんの方が経験を積むことによって、病院に連れて行くべきかどうかを余裕を持って判断できるようになるのです。
子供に関する大きな病気もたくさんあります。
それらによって幼い命が失われてしまうこともあるのです。

小児科のブログ

小児科の先生が書いているブログはたくさんあります。
もちろん、自分の病院の宣伝が一番の目的ですが、小児科医のホンネや病気の情報も得られます。
インターネットでブログを検索してみると面白いですよ。
小児科医は子供が好きな先生が多いでしょうが、わがままな子供を相手にすると疲れるようです。
病院の中で小児科が特別なわけではありません。
子供ではなくても病気になりたいと思っている人はいません。
いつも健康でいたいと思っているのです。
しかし、子供は夜中に熱を出したり、具合が悪くなったりすることが多いようです。
熱を出すことで身体の免疫力を高めているのでしょう。
また、乳幼児であれば自分の症状をうまく伝えることができません。
そのためにお母さんの情報が小児科医にとって貴重なものになります。
ですから、お母さんは子供をいつもよく観察しておくことが大切になるのです。
熱が出たとしてもそれがいつぐらいからか、毎日の平熱はどれくらいなのかなどはメモをとる習慣をつけておくといいですね。
子供はたまに具合が悪くなります。
実際にはその予兆があるのでしょうが、子供本人がそれを自覚していないのです。
大人でも子供でもいろいろな病気があります。
どんなに気をつけていても、大きな病気にかかってしまうこともあるでしょう。
しかし、私たちの体は巧妙な作りになっています。
子供でも病気に対する抵抗力が備わっているのです。
多少の熱が出ても、何の問題もないことが多いということです。
もちろん、まずは小児科医に診せることが肝心です。